単式簿記と複式簿記について

単式簿記と複式簿記の違い

個人事業主が行う簿記には、単式簿記と複式簿記があります。単式簿記とは商品が売れたら売上を記入し、水道代を支払ったら水道光熱費を記入するというように、単純な仕組みになってます。

複式簿記とは商品が売れたら売上と現金が減ったことの2つを記入し、水道代を支払ったら水道光熱費という経費が増えたことと現金が減ったことを記入するというように、複雑な仕組みになってます。

一言で表すと、『単式簿記は簡単だけど事業の経営状態は見えない』『複式簿記は複雑だけど事業の経営状態が見える』ということになります。

単式簿記と複式簿記の詳しいやり方

下記の取引を実際に仕分けてみます。

【 商品Aを8,000円で現金販売した 】

(単式簿記の場合)
商品売上 8,000 商品販売代金として

単式簿記このようにシンプルで簡単ですが、詳細がわかりません。

(複式簿記の場合)
商品売上 8,000 現金 8,000円 商品販売代金として

このように商品が売れたことだけでなく、現金が減ったことも記入します。左側に記入する科目を【借方】と呼び【貸方】と呼びます。複式簿記ではこの【借方・貸方】を理解する必要があります。

必要な帳簿の種類

白色申告の場合は単式簿記で大丈夫ですので、必要な帳簿は下記の2種類です。
□法廷帳簿
□任意帳簿

青色申告の場合は複式簿記が必須になりますので、下記の帳簿が必要になります。
【主要簿】
□総勘定元帳
□仕訳帳
【補助簿】
□現金出納帳
□預金出納長
□仕入帳
□買掛帳
□売掛帳
□売上張
□固定資産台帳
などなど、補助簿は必要に応じて増えていきます。

まとめ

いかがでしょうか。白色申告と青色申告ではかかる手間が全く違います。会計ソフトを使ってやると簡単に出来るようになりますが、個人的には始めの1~2年は自分で勉強しながらやる事をお勧めします。初年度より2年目、2年目より3年目と事業を発展させていくなら細かい数字を把握できるようになった方が、後々のためになるからです。

個人事業主として独立すると、恐らく多忙で帳簿付けまで時間をとるの事が難しいと思います。当方は帳簿付けなどだけでなく、ホームページの制作などもしておりますので、ご要望がありましたら、こちらへお問い合わせください。

また、白色申告や青色申告についてわからない事がありましたら、こちらからご相談ください。当方の培ってきた経験にそってアドバイスなどさせて頂きます。

また、青色申告や帳簿付けについての講習なども行っております。講習は各自の知識に合わせるためマンツーマンで行いますので、ご安心ください。